ソフトB先発・バンデン 亀井に2被弾も6K、4回2失点で勝ち投手の権利を得る前に交代

[ 2019年10月22日 20:46 ]

SMBC日本シリーズ2019第3戦   ソフトバンクー巨人 ( 2019年10月22日    東京D )

ソフトバンク先発・バンデンハーク(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 SMBC日本シリーズ第3戦が22日、東京Dで行われ、3年連続の日本一へ2連勝中のソフトバンクが巨人と対戦。先発のバンデンハークが4回4安打2失点6奪三振の好投で試合をつくり、2番手・石川にバトンをつないだ。

 バンデンハークは初回、巨人先頭の亀井に先頭打者本塁打を浴び先制を許したが、坂本勇、丸、岡本を3者連続空振り三振斬り。3回にも再び亀井にソロを浴びたが、後続をきっちり抑えた。

 5回の打席で代打を送られ交代。勝利投手の権利を得る前に降板となった。

 2番手の石川は今シリーズ初登板。右肘を痛めた影響で9月に昇格となったが、ファイナルSでは2試合を投げ1試合で勝利を挙げるなど日本シリーズ出場に貢献していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月22日のニュース