巨人・原監督 第2戦で失策の山本に「この悔しさを忘れなければ素晴らしい選手になる」

[ 2019年10月22日 05:30 ]

日本シリーズ2019第3戦   巨人ーソフトバンク ( 2019年10月22日    東京D )

話をする原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の原監督は第2戦で0―0の7回に三塁で失策した山本と宿舎の朝食会場で会い「どうだ、寝付きは良かったか」と声を掛けたことを明かした。山本は「良くなかったです」と答えたという。松田宣の先制3ランにつながるミスだったが、指揮官は「この悔しさを忘れなければ素晴らしい選手になる。堂々としていろ」と促した。

 連敗からの巻き返しに向け「ミスをカバーするのがチーム。20日はミスをカバーできなかった」と一丸で戦う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月22日のニュース