ソフトB デスパ2打席連続適時打!内川技あり打が口火、巨人高卒新人・戸郷撃ち一挙4点

[ 2019年10月22日 20:02 ]

SMBC日本シリーズ2019第3戦   ソフトバンクー巨人 ( 2019年10月22日    東京D )

3回表2死一、二塁、デスパイネの勝ち越し適時打に沸くソフトバンクベンチ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 SMBC日本シリーズ第3戦が22日、東京Dで行われ、3年連続の日本一へ2連勝中のソフトバンクが巨人と対戦。同点の4回に、内川の技あり打から巨人3番手で登板した高卒ルーキー・戸郷にプレッシャーをかけ失策を誘うなど主導権を握り、6―2とリードを広げた。

 2-2の4回1死、7番・内川が低めの変化球を左手一本で捉える技ありの左前打で出塁。続く甲斐が四球を選び1死一、二塁とすると、9番・バンデンハークがバントを決める。投手正面に転がり三塁へ送球するも、三塁手が捕球できず。記録は巨人3番手・戸郷の失策となり1死満塁とした。

 このチャンスで川島の打席に代打した長谷川が犠牲フライを放ち、三走・内川が生還。勝ち越しのホームを踏んだ。

 なおも2死一、二塁、1番・今宮が内野安打で出塁し満塁に。3番・柳田が一度もバットを振ることなく四球を選び、押し出しで1点を追加した。

 2死満塁で迎えた4番・デスパイネが2打席連続となる2点適時打。6-2とリードを広げ、戸郷をマウンドから引きずり降ろした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月22日のニュース