阪神・岩田 2戦連続初回炎上…5連打浴びて5失点

[ 2019年8月4日 18:33 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2019年8月4日    マツダ )

<広・神>初回1死一、二塁、メヒアに左越えに3ランを浴び、声を張り上げる岩田(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の岩田が2試合連続で初回に炎上した。1死から菊池涼からの4連打で2失点。さらに6番のメヒアには左翼への特大の3号3ランを浴び、5連打で一挙、5点を先制された。

 前回登板の7月28日の巨人戦でも初回に大量7失点。35歳のベテランらしからぬ立ち上がりの不安定さを露呈し、悪夢が繰り返された。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月4日のニュース