前橋育英、関東対決に闘志 丸山主将「粘り強く」

[ 2019年8月4日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 組み合わせ抽選会 ( 2019年8月3日    大阪市フェスティバルホール )

対戦が決まり、ポーズを取る前橋育英・丸山主将(左)と国学院久我山・中沢主将(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 前橋育英(群馬)の初戦は関東対決に決まった。丸山主将は国学院久我山が、4―2で接戦を制した西東京大会決勝をテレビで見ていたそうで「守り勝つ野球が、自分たちと似ていると思った。まさか当たるとは思っていなかったけど、粘り強く勝利を目指したい」と話した。

 同じくテレビで同戦を見ていたという荒井直樹監督も「タイプ的に自分たちと同じ野球だなと。(エースの)梶塚中心に、どれだけ粘れるかが鍵」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月4日のニュース