西武・多和田 3回途中4失点6敗「“向かっていく姿勢見られない”と言われた」

[ 2019年8月4日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1―4オリックス ( 2019年8月3日    京セラD )

初回3失点でベンチに戻る多和田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 西武・多和田が3回途中4失点で6敗目を喫した。初回にいきなり3失点し、0―4の3回には2死満塁のピンチを招き降板。「球どうこうより“打者に向かっていく姿勢が見られない”と監督に言われた。そういうのが全然足りなかった」と反省を口にした。

 打線も過去2試合で1得点の山本を相手に沈黙。今季3度目の対戦で初めて自責点を付けるのが精いっぱいで、今季初めてオリックス戦のカード負け越しを喫した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月4日のニュース