ソフトB上林、今季5度目の猛打賞 初回2点打で「楽になった」

[ 2019年8月4日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―3日本ハム ( 2019年8月3日    札幌D )

初回、2点適時打を放つ上林(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・上林が7月8日以来となる今季5度目の猛打賞をマークした。2―0の初回1死二、三塁から中前2点打を放つと、右前打、右翼線二塁打と快音を響かせ「積極的にいこうと思った。1打席目で出て気持ちが楽になった」と笑顔を見せた。

 今季は右手甲の故障もあり苦しいシーズンとなっているが「毎日こういう結果が欲しい。一本ずつ積み重ねていければ」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月4日のニュース