雄星「被弾王」に プロ入り後最悪4発浴び4回6失点8敗

[ 2019年8月4日 02:30 ]

ア・リーグ   マリナーズ2―9アストロズ ( 2019年8月2日    ヒューストン )

<アストロズ・マリナーズ>4回、スプリンガーに三塁打を打たれ汗をぬぐう菊池、この回で降板した(AP)
Photo By AP

 マリナーズの菊池はアストロズ戦でプロ入り後ワーストの4発を浴び、4回9安打6失点で8敗目(4勝)。今季28被本塁打はア軍のバーランダーと並び両リーグ最多になった。

 「狙い球をしっかり打たれてしまったという感じ。いい打者になるほど打ち損じてくれない」。打率、本塁打でリーグ2位のア軍の餌食になった。2回は5番アルバレスに先制ソロを浴び、9番マリズニクにも2ランを被弾。4回にも2発を許した。日本時代は1試合2被弾が最多だったが、メジャーに移籍した今季は3被弾以上が3試合目。

 「いい球はいっていたし、カウントを整えることもできていたが、追い込んでからのフィニッシュが決まらなかった」。6月23日を最後に6試合白星なし。「こういうチームを抑えていくことで自分のレベルが上がる」と課題を挙げた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月4日のニュース