広島、拙守で連勝ストップ 緒方監督「8回の2点はかなり重かった」

[ 2019年8月4日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1―4阪神 ( 2019年8月3日    マツダ )

8回1死満塁、福留のゴロを一塁・バティスタが弾き、適時失策としてしまう(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 広島は3日の阪神戦を1―4で落とし、連勝が3で止まった。1―2の8回1死満塁でバティスタが一ゴロをファンブルするなど、2つの失策が失点に絡む守乱が響いた。打線も菊池涼の8号による1点にとどまり、6回2失点(自責1)と粘投した床田を援護できず。首位・巨人も敗れ、3ゲーム差が変わらないのは救いだ。

 ミスを犯すと勝てない――。格言通りの結末だった。緒方監督は「ワンプレーで2つのアウトを取ろうと思わず、1つのアウトを取る意識でいいんだけどね。8回の2点はかなり重かった」と振り返り、勝敗に響いた終盤の失策に言及した。

 3番手・遠藤が救援登板した1点劣勢の8回だ。1死満塁で、福留のゴロは一塁の正面へ転がった。だが、バティスタは本塁併殺を焦ったのか、これを痛恨のファンブル(失策)。重い1点を失うと、マルテに犠飛が飛び出し、勝利は遠のいた。大砲は「また頑張る」とだけ言い残し、帰途に就いた。

 序盤2回の失点もミスに起因した。先頭・大山の三ゴロをメヒアが失策。先発・床田は続く福留を四球で歩かせ、糸原には右前へ適時打を運ばれた。2失策がいずれも失点につながる守乱。山田守備走塁コーチは「(メヒアは)足が動いていなかったし、8回のは大事に行きすぎ。両方とも思い切りに欠けた」と渋い表情だった。

 打線は打線で、西攻略に手こずった。

 初回に菊池涼の8号ソロで幸先よく先制したものの、2回以降はゼロを並べる。6回にようやく、敵失とバティスタの中前ポテン安打で2死一、三塁の同点機を築いたものの、4番・鈴木が外角ツーシームに三ゴロ。2番手・ジョンソンを1死一、二塁と攻めた7回も小園、代打・坂倉が倒れた。高ヘッドコーチは「西特有の、的を絞らせない投球をされた」と脱帽だった。

 打てず守れず…切り替えるしかない一戦。チームの連勝は3で止まった。ただ、首位・巨人もDeNAに敗れたため、3ゲーム差は変わらない。緒方監督は「暑い中で連戦が続くけど、明日、何とか勝ち越したいね」と締め、前を向いた。(江尾 卓也)  

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月4日のニュース