広島商、岡山学芸館と隣県対決 真鍋主将「いいゲームしたい」

[ 2019年8月4日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 組み合わせ抽選会 ( 2019年8月3日    大阪市フェスティバルホール )

対戦が決まり、岡山学芸館・好田主将(左)と握手する広島商・真鍋主将(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 広島商は岡山学芸館と隣県対決となった。6月23日に練習試合を行い、4―1で勝利した広島商の真鍋主将は「足の速い選手が多かった」と印象を口にした。

 真鍋の親戚が昨年、岡山学芸館でプレーした河野旬輝さんで、河野さんの弟が広島商に現在在籍している。「縁がありますね。いいゲームをしたい」と真鍋は岡山学芸館の好田主将と握手。好田も「リベンジの機会をもらった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月4日のニュース