侍・稲葉監督、バースデーケーキに笑顔「思い出に残る47歳にしたい」

[ 2019年8月4日 05:30 ]

47歳の誕生日を迎え、ケーキを前に笑顔の侍ジャパン・稲葉篤紀監督
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督が3日、47歳の誕生日を迎えた。報道陣からケーキと金メダル形の首飾りを贈られ笑顔の指揮官は「(これからの1年は)プレミア12があって五輪がある。侍ジャパンにとって大事な年。思い出に残る47歳にしたい」。

 ちょうど1年後、来年の誕生日は東京五輪の真っただ中で迎える。野球競技も始まっており「大会中で、どうなっているか。48歳もいい誕生日を迎えたいね」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月4日のニュース