巨人・山口 離脱後初ブルペンで直球16球「順調です」

[ 2019年8月4日 18:06 ]

右肘周囲の筋肉の張りでファーム調整中の巨人・山口が、出場選手登録を抹消されてから初めてブルペン投球
Photo By スポニチ

 右肘周囲の筋肉の張りでファーム調整中の巨人・山口俊投手(32)が4日、川崎市のジャイアンツ球場で出場選手登録を抹消されてから初めてブルペンで投球した。

 立った捕手に12球、座った捕手に4球のすべて直球で計16球。「予定はなかったけれど、感じがよかったので(入った)。順調です」と汗をぬぐった。7日には変化球を交えてのブルペン投球を予定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月4日のニュース