日本ハム、本拠ソフトB戦6連敗 金子が初回4失点…流れつくれず

[ 2019年8月4日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3―6ソフトバンク ( 2019年8月3日    札幌D )

5回1死、内川に本塁打を打たれた金子(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは金子が初回だけで4失点するなど、6回5失点。3連敗で首位ソフトバンクとは3・5ゲーム差に広がった。

 6敗目(4勝)を喫した金子は「初回ああいう形になって攻撃面にいい流れを持ってくることができなかった」と反省。7月15日からの敵地では3連勝したが、本拠ではこれでソフトバンクに6連敗となり、栗山監督は「結果が全て。一つでも多く勝っていくしかない」と悲壮感を漂わせた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月4日のニュース