霞ケ浦・鈴木寛、履正社打線完封宣言「真っ向勝負で挑む」

[ 2019年8月4日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 組み合わせ抽選会 ( 2019年8月3日    大阪市フェスティバルホール )

対戦が決まり握手する履正社・野口主将(左)と霞ヶ浦・芳賀主将(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 大阪の強豪と初戦で戦うプロ注目の最速148キロ右腕、霞ケ浦(茨城)の鈴木寛は「強いチームなので勝てば勢いに乗れる。0に抑えたい」と完封を宣言した。

 対戦が決まった瞬間については「最初に当たるのは嫌だった」と本音もポロリ。それでも、高校通算46本塁打の井上を筆頭とする履正社(大阪)の強力打線を、エースがどれだけ抑えられるかが勝利の鍵とあって「良い打者との対戦は楽しみ。状況によってだけど、真っ向勝負で挑みたい」と話していた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月4日のニュース