巨人・坂本「完璧」V弾 原監督「前よりもパワフルになっている」

[ 2019年4月13日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―1ヤクルト ( 2019年4月12日    東京D )

3回1死、坂本勇は勝ち越しソロを放ちナインの出迎えを受ける(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇が一発を含む2安打2打点3得点で、ライアン攻略の軸になった。

 「(今季)初めての対戦で攻略できたのはチームにとっても大きいと思います」

 1点を先制された初回は四球で出塁し同点の本塁へ生還。3回は145キロの直球を「気持ちよかった。完璧でした」と左翼席中段へ勝ち越しの3号ソロ。5回は1死二塁から左翼フェンス直撃の二塁打で、安打で出塁した菅野を本塁へ還し「ピッチャーがヒットで出たので何とか還したかった」と笑った。強打の2番の本領発揮でリーグトップの打率は・405まで上昇。

 原監督も「私が前、昔ちょっと監督をやっていたときより、はるかにパワフルになっていますね。見ない間に」と最敬礼した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月13日のニュース