阪神・西 14日に甲子園見参「早く投げたい」

[ 2019年4月13日 12:30 ]

 阪神・西勇輝投手(28)が、先発予定のあす14日の中日戦へ向けて意気込みを語った。

 完封勝利をマークした7日の広島戦(マツダ)から1週間の調整期間について問われると「シーズン中に何か変わるとかはない。自分の集中できることに取り組むので。維持し続けることの大切さ。自分自身の気持ちがブレないようにしたい」と信念を口にした。

 相手の中日打線について問われても「相手じゃない。自分のボールを投げれば(相手関係なく)大丈夫と思いたいので」といかに最大限のパフォーマンスを出すかを強調。移籍後、公式戦では初となる甲子園での登板には「早く投げたいというのはある。来てくれるお客さんに楽しんでもらえるように」と結んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月13日のニュース