オリックス・後藤が走攻守でスーパープレー 国産打線機能し10点快勝

[ 2019年4月13日 21:00 ]

パ・リーグ   オリックス10―3西武 ( 2019年4月13日    メットライフD )

<西・オ2>6回2死一塁、若月のとき、今井の悪送球で一塁から一気に三塁まで向かう後藤(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 オリックスの後藤駿太が走攻守でスーパープレーを連発した。

 2回の守備では、1死一、二塁から栗山の右前打を捕球し、三塁を狙った一塁走者の外崎を補殺。「(外崎が)二塁を回ったときに(スピードを)緩めているのを見て、ストライクを投げたらアウトにできると思ってトライした」と、三塁までノーバウンドでのストライク送球を披露し、ピンチの芽を摘んだ。

 後藤は7日の楽天戦でも延長10回の2死二塁で、二塁走者の橋本が辰己の右前打で本塁を狙った際に補殺。この時もノーバウンドでのストライク送球で勝ち越しを阻止しており、球界でも随一の強肩は健在。「ライトで、鈴木誠也や上林が刺しているのを見る。(自分もライトで守る際には)増えると思う」と、今後に自信を見せた。

 「神ってる」プレーはこれだけでは終わらない。打っては2回の中前打に始まり、7回には田村から左翼への適時二塁打を放つなど、大当たりの4安打。17年5月7日の日本ハム戦以来の4安打で、「続けて打てていないが、これをきっかけにしていければ」と意欲を見せた。

 さらに大きかったのが走塁だ。4―3の6回、2死から四球で出塁すると、若月の打席で今井が暴投したのを見逃さず、一塁から一気に三塁へ。これに焦った森が三塁へ悪送球し、そのまま本塁まで還ってきた。1点差だった戦局が無安打で2点差に広がり、今井はその後若月、西浦に連打を浴びて降板。福田が代わったばかりの野田から中前適時打を放つなど、試合の流れを呼び込む走塁となった。

 走攻守、全てのプレーでキラリと光る存在感を示し、外国人選手を外した国産打線が機能する一因となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月13日のニュース