広島 敵失に乗じて3回に2点! 6番・西川勝ち越し犠飛、8番・安部がタイムリー

[ 2019年4月13日 15:03 ]

セ・リーグ   広島―DeNA ( 2019年4月13日    横浜 )

 広島が3回に勝ち越しに成功した。

 1―1で迎えたこの回、先頭の野間が敵失で一気に二塁まで進み、続く鈴木が四球で歩くと、松山の中飛でタッチアップした野間が三塁に進んで1死一、三塁。ここで西川が打ち上げた打球は中堅への浅めのフライとなった。

 助走をつけて捕球した神里がバックホームする中、俊足の野間が生還して2―1と勝ち越し。

 さらに会沢が四球で歩いて2死一、二塁としてから8番・安部が中前へ弾き返してもう1点を加えて3―1とリードを2点に広げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月13日のニュース