ヤクルト 移籍の高梨 本拠地初登板で白星ならず「もう少し気をつけて投げないと」

[ 2019年4月8日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1-3中日 ( 2019年4月7日    神宮 )

4回2死一塁、アルモンテに2ランを打たれた高梨(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの先発・高梨が6回3失点と粘ったが、打線が4安打と振るわず、3連勝ならず。小川監督は「(中日・柳は)良かった。要所で逆球もいいところに決まっていた。なかなか簡単に打てない状態だった」と振り返った。

 移籍後、本拠地・神宮での初登板だった高梨は4回にアルモンテの2ラン、5回に堂上のソロを浴びた。移籍後初黒星に「最初の一発は防がないといけなかった。神宮はホームランが出やすい。もう少し気をつけて投げないといけない」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月8日のニュース