イチロー、愛知県民栄誉賞も辞退 父通じ打診も…

[ 2019年4月8日 12:34 ]

イチロー
Photo By スポニチ

 愛知県の大村秀章知事は8日の定例記者会見で、米大リーグのマリナーズで現役引退した同県豊山町出身のイチロー(45)に父・宣之さんを通じて県民栄誉賞の授与を打診したところ、宣之さんから辞退の意向を伝えられたと明らかにした。イチローは国民栄誉賞も辞退したことが明らかになっている。

 県によると、引退表明があった後、県はイチローへの県民栄誉賞授与を検討していることを宣之さんに伝え、本人への意向確認を依頼。4月5日に辞退したいと返答があった。理由について明確な説明はなかったという。

 県民栄誉賞はこれまでに、名古屋市出身でフィギュアスケートの2010年バンクーバー冬季五輪女子銀メダリストの浅田真央さんと中日のエースとして活躍、監督も務めた星野仙一さんに授与されている。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月8日のニュース