骨折の梅野 勇気もらった小学2年生の“声”

[ 2019年4月8日 07:56 ]

セ・リーグ   阪神9―0広島 ( 2019年4月7日    マツダ )

4回、2死、一、二塁、適時打を放ち、一塁ベース上でガッツポーズの梅野(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 痛くない…はずがない。耐えながら、白星だけを追い求めた3時間12分。手負いの梅野が、攻守で躍動した。

 「自分で決めたい、という思いで振り切った結果、良いところに落ちてくれた」

 バットで貢献したのは、1点リードの4回だ。2死一、二塁から直球を捉えた飛球は二塁後方へ。スライディングキャッチを試みた名手・菊池涼が捕球できず、チームに勢いをもたらす適時打となった。先発・西を援護する価値ある1本に「結果が良い方向に向いている」とうなずいた。

 第1打席も先制点につながる左前打を放っており、復帰した5日の初戦から6打数連続安打も記録した。守りでは完封で移籍後初勝利を挙げた西を好リードし、FA右腕と笑顔で会心のハグ。最後までマスクをかぶり、カード勝ち越しという大きな白星を仲間と分かち合った。

 2日の巨人戦で負傷し、4日に左足薬指の骨折と診断された。患部には裂傷もあり、隣の指と抱き合わせて包帯を巻いて固定している。痛みはないのか?と驚く周囲に「やるしかない」と答えながらも、実情は違った。

 「そら、骨折なんで痛いですよ…。でも試合に出たらそんなこと言ってられないでしょう。やると決めたのは、自分ですから」  診断結果が出た4日、鳴尾浜球場で汗を流した後に、自宅近くの神社で手を合わせた。

 「(骨が)折れていても大丈夫。(これから)また良い日になると思って」。故障が公になった直後から、スマートフォンには家族、友人から数え切れないほどのメッセージが届いた。知人の息子で、自身のファンという小学2年生の子どもからは「梅野お兄ちゃん、試合出たら頑張ってね」とボイスメッセージが届いた。故障に大きなショックを受けていたという様子も伝え聞き「2年生の子が自分にそんな感情を持ってくれていてびっくりしたし、嬉しかった。試合をまた見てくれたら良いなと思って」と力をもらった。背中を押す“声”には「がんばるよ―!」と返信して広島入りしていた。

 復帰後、3試合連続スタメンで起用した矢野監督も「骨折しているなかでも、昨日のファーストに飛び込むことも含めて、出たい気持ちとかはより感じる」と目を細めたように、溢れる試合への渇望は見る者にも伝わった。

 「先制点を取れたら楽になるけど、(今後も)バッテリーで勝っていかないといけないので」。正捕手としての自覚をにじませる言葉は、何より力強い。困難に立ち向かう“梅野お兄ちゃん”は、いつも以上に格好良く映ったはずだ。 (遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月8日のニュース