西武 外崎 土壇場で3階席へ特大逆転3点弾

[ 2019年4月8日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4―2日本ハム ( 2019年4月7日    東京D )

9回1死一、三塁、逆転3ランを放った外崎(中央)はチームメートに出迎えられる(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 土壇場で「アップルパンチ」をさく裂させた。9回、1点差に追い上げてなおも1死一、三塁。西武・外崎は2ボールから直球に狙いを定め、ハンコックの149キロを左翼3階席に放り込んだ。特大の逆転3ラン。「真っすぐだけを狙ってコンパクトに打つことだけを考えて打った。凄くうれしかった」と頬を緩め、辻監督も「見事な本塁打」と称えた。

 打線は8回まで有原の前に3安打と沈黙し、外崎も3打席で無安打。先発の高橋光が8回2失点と好投していただけに「何とか追いつきたい気持ちだった」と言い、今季初勝利をプレゼントした。2戦連発。チームも2連勝で貯金1とし「これでチームの勢いもつくと思う」と力強く話した。 (武本 万里絵)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月8日のニュース