エンゼルスのトラウトが4戦連発 チーム記録にあと「1」 エ軍は5連敗のあと3連勝

[ 2019年4月8日 15:25 ]

6回に2ランを放ったエンゼルスのトラウト(AP)
Photo By AP

 契約金の総額が北米4大スポーツで最高となっている大リーグ・エンゼルスのマイク・トラウト外野手(27)が7日、地元アナハイムで行われたレンジャーズ戦の6回、レ軍3番手のカイル・バード(25)から左越えに5号2ランを放った。

 12年で4億2650万ドル(約477億6800万円)で契約を更新したトラウトはこれで4戦連発。レ軍との4連戦では11打数6安打でうち5本が本塁打となり9打点をマークした。

 エンゼルスの本塁打の連続記録は、1977年にボビー・ボンズ(バリー・ボンズの父)がマークした5試合。トラウトは8日のブルワーズ戦で打てば、ボンズのチーム記録に並ぶことになる。

 試合はエンゼルスが7―2で勝って4勝6敗。5連敗のあとは3連勝を飾って盛り返してきた。レンジャーズは5勝5敗。3連勝のあと3連敗を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月8日のニュース