キヨシ感激!駒大に救世主現われた!2年生右腕の山本 ピンチで救援、快投で勝利導く

[ 2019年4月8日 18:48 ]

東都大学野球春季リーグ戦第1週第1日 1回戦   駒大4―2亜大 ( 2019年4月8日    神宮 )

<駒大・亜大>5回2死一、二塁、林琢の右中間逆転2点適時三塁打に歓喜の駒大ベンチ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 今季から1日3試合となった東都大学野球。開幕のこの日、第2試合で登場したのが駒大。三塁側スタンドにはOB会長の中畑清氏(スポニチ本紙評論家)をはじめOBが陣取って応援した。

 投手陣は4年生が抜け経験の浅い投手陣が心配されたが「いなけりゃいないなりに、いる人間でやりくりすればいいんだ。うちらしい粘り強い野球をしてくれればな。元気出して行こう!」と“キヨシ節”で後輩たちを熱く見守った。その言葉通り、2点を追う4回に若林のソロ本塁打で反撃。5回には林琢が右中間に逆転の三塁打。投げては3回の2死満塁で救援した山本が三振に仕留め、そこから8回まで1安打8奪三振の力投。松山商出身の2年生右腕。駒大関係者が「うちはストライクが入る投手がいないんだよ」と嘆いていたが、まさに“救世主”となる力投だった。

 「球速より球の回転を意識して投げました。チームが勝ったことが一番嬉しい」リーグ戦初登板で初勝利の快挙より、開幕日にチームに白星がついたことを喜んでいた。
 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月8日のニュース