日本ハム 栗山流「外野4人シフト」も…9回に悪夢

[ 2019年4月8日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2―4西武 ( 2019年4月7日    東京D] )

7回1死、西武・森の打席で外野4人の守備シフトを敷く日本ハム
Photo By スポニチ

 日本ハムは2―0の9回にハンコックが4点を失い、逆転負けを喫した。

 打率、打点でリーグ2冠の森封じへ、レギュラーシーズンで初めて三塁・浅間を左翼付近へ移す外野4人シフトを採用。シフトを敷いた3打席目までは抑えたが、9回は1死一、二塁と三塁を空けられず右前適時打を浴びた。

 続く外崎に逆転3ランを許し、栗山監督は「勝てなかったら俺の責任」と厳しい表情。緒方守備チーフ兼内野守備・走塁コーチは「打球はそっち(シフトした守備位置)にいかなかったけど(意識をさせられて)良かった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月8日のニュース