巨人・山口 中日戦へ意気込む「無駄な四球を出さない」

[ 2019年4月8日 13:45 ]

動体視力のトレーニングをする巨人・山口。手前は田口(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 9日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発する巨人・山口が8日、川崎市ジャイアンツ球場で投手練習に参加した。前回2日の阪神戦では7回5安打3失点で今季初勝利を挙げた。しかし、5四死球と課題も残し「無駄な四球を出さないようにストライク先行でリズム良くいければなと思う」と修正を誓った。

 チームは開幕3カードを6勝3敗と好スタートを切ったが、直近のDeNA3連戦では1勝2敗と負け越し、現在2連敗中。「先取点を取られないようにというところだと思う。なんとか味方が点を取ってくれるまで0点もしくは最少失点でいけるように頑張ります」と意気込んだ。(岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月8日のニュース