阪神 大山 貴重な中押し点「タイムリーは大きい」

[ 2019年4月8日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神9―0広島 ( 2019年4月7日    甲子園 )

5回2死二塁、大山は左翼線に適時二塁打を放つ(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 渾身(こんしん)の一振りで、眠れる猛虎打線を活性化させた。2点リードの5回2死二塁。4番・大山の切なる思いが、貴重な中押し点をもたらした。

 「何とか西さんを援護したいというのがあったし、自分自身チャンスで打てていなかったので、タイムリーは大きい。チームとして追加点を取れてよかった」

 九里がカウント2―う0から投じた外角低めスライダーを、左翼線へ弾き返した。3点目の適時二塁打は、今季35打席目で待望の初長打。続く福留の右前打で4点目のホームを踏みしめ、開幕から8試合続いていた「3得点以下」にようやく別れを告げた。前日までの得点圏打率は・143。その悔しさを自らの手で振り払った。
 「結果的にヒットになってよかったし、どんどん振っていくのが自分の持ち味なので、そういうところは忘れずにやっていきたい」

 7回無死一塁から左前打を放ち、5日に続いて今季2度目のマルチ安打を記録した。連続試合安打も3に更新。少しずつではあるが、打撃の状態も良化してきた。

 開幕から勝利した4試合は、いずれも大山が安打を放っている。名実ともに、上昇への鍵を握るキーマン。重圧と戦いながらも、猛虎の4番として奮闘していく。
(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月8日のニュース