ロッテ 今季最少3安打 9戦連発ならず

[ 2019年4月8日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―11ソフトバンク ( 2019年4月7日    ヤフオクD )

3回、有吉降板を告げる井口監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ロッテは今季最少3安打1得点で開幕からの連続試合本塁打は球団タイの8で止まった。

 先発・有吉は最短タイの2回2/36失点KOされ、2軍での再調整が決定。「チームがいい流れだったのに申し訳ない」とうなだれた。3番手・東條も8回に4被弾し、投手の被弾はチーム本塁打と同じ18に達した。

 先発陣は左脇腹痛のボルシンガー、腰痛の石川の故障に続き、開幕ローテーション投手では3人目の離脱。井口監督は「(有吉は)中継ぎを酷使しているので頑張ってほしかった」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月8日のニュース