巨人 今季初の連敗 響いた痛恨連係ミス

[ 2019年4月8日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―5DeNA ( 2019年4月7日    横浜 )

5回一、二塁、畠がけん制悪送球をし、一塁走者は柴田は二塁へ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・畠が4回1/3を5失点で、前日の沢村に続いて5回を持たずに降板した。2回に2点を先制され、3回も筒香の右前適時打で1失点。最速151キロを計測したが「(相手が)切れを感じなかったと思う。真っすぐを見切られたり、ファウルにできなかった」。チームは今季初の2連敗で、初めて同一カードを負け越した。

 1点を返した直後の5回は1死一、二塁から一塁へけん制悪送球。一塁手・岡本がベースを空けて守り、走者の背後からベースに入った瞬間にけん制死を狙うプレーだったが、「タイミングのズレが生じた」と宮本投手総合コーチ。一塁走者の背中付近に当たったボールがファウルゾーンに転がる間に、二塁走者が生還。連係ミスで4点目を奪われた。

 原監督は「(畠は)点をあげないという執念は必要だった。ミスが出たというのはありましたが、先行されるゲームは、ひっくり返すには相当のエネルギーが必要になる」と振り返り、畠も「改善、修正していきたい」と話した。 (神田 佑)

 〇…坂本工があす9日の中日戦(ナゴヤドーム)から1軍に初昇格する。宮本投手総合コーチが「名古屋から坂本工宜が合流します」と明かした。育成出身の3年目右腕は春季キャンプの実戦で結果を残し、3月に支配下登録されるも、開幕ベンチ入りはならず。イースタン・リーグで2試合7回無失点と好投していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月8日のニュース