巨人 今村 5回3安打無失点 開幕ローテ争い残った ピンチでスライダー「投球の幅が広がる」

[ 2019年3月11日 05:30 ]

オープン戦   巨人3―1阪神 ( 2019年3月10日    甲子園 )

阪神打線相手に5回無失点の今村(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人・今村はピンチで腕を振った。初回2死満塁。阪神で一番勢いに乗っているルーキー・木浪をスライダーで投ゴロに仕留めた。「スライダーはまだ決め球にできていない。決め球で投げられるようにできたらもっと投球の幅が広がる」。大事な場面で自主トレから取り組んできたスライダーを選択。自分の武器にするという強い意志が表れていた。

 5回3安打無失点と結果を残し、開幕ローテーション争いに踏みとどまった。昨季は自己最多の6勝をマーク。躍進のきっかけはメンタルトレーニングだ。好不調時の違いを箇条書きで紙に記入。自身の状況を可視化することで「打たれたらどうしよう」という不安を消し、マウンドで開き直れるようになった。さらにメンタルトレーナーから毎試合前にメッセージが送られ、精神面が安定した。

 肉体も成長。昨年より背中が大きくなった。キャンプでは菅野から投手キャプテンに指名された。「前に立って何かをしようという姿勢を後輩たちに見せられた。自分の成長につながった」。1月には結婚。守るべき存在も24歳を強くさせた。

(得点圏に3度走者も/要所締めた被安打3/) 開幕ローテーションを田口、高橋、畠らと争う。得点圏に3度走者を背負いながらもホームを踏ませず、原監督は「昨年成長したものが、今シーズンもしっかりとそのレールに乗っている感じはする」と評価した。3日のヤクルト戦では3回2失点。「(生き残りへ)大事な試合。ゼロに抑えられて少しはアピールできたと思う」。8年目左腕の目は次を見据えている。(岡村 幸治)

 ○…石川が開幕1軍入りへ猛アピールだ。0―0の5回1死一、三塁から、馬場の初球フォークを左中間に運んだ。先制適時二塁打に「初球から振りにいけるのを長所にしていきたい」。し烈な外野手争いの中、沖縄キャンプ途中から1軍に昇格。この日はDHで先発し、途中から左翼に回った。原監督は「凄い打球だった。見事ですね。きっぷがいいバッティング」と称えた。

 ○…原監督が初めて「2番・坂本勇、3番・丸」の新オーダーを試した。この日は両打者とも無安打だったが、攻撃的並びを模索。坂本勇にとっては、昨季出場1試合の打順だが「(打順を)気にしすぎずに自分のバッティングを」と取り組んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月11日のニュース