巨人・丸が広島の考え方&弱点を“解説” 菅野「これ聞いたから今年は大丈夫」

[ 2019年3月11日 12:04 ]

巨人の丸(手前)と菅野
Photo By スポニチ

 巨人の菅野智之投手(29)と丸佳浩外野手(29)が10日深夜放送のフジテレビ「S―PARK」(日曜後11・15)でスペシャル対談。丸から広島の弱点などを聞いた菅野は「これ聞いたから今年は大丈夫です」と力強く語った。

 互いに疑問をぶつける形で対談が行われ、菅野は「広島の対菅野攻略法」を質問。丸が「(菅野は)すべてが高いレベルにある投手なので、正直、広島時代は半ばあきらめていました皆。チームで決め事を持って入ったりするのが普通ですが、逆にばらばらでそれぞれが色々な考えを持ってやったほうが難しく考えてくれるかなって」と説明すると、昨季敵地で防御率4点台と苦戦した右腕は「すごくつながった部分がある。まとまって束でかかってくる感じがなくて、他のチームだとチーム全体で右に打っていこうとかすごく分かるんですけど、広島は個々で違う。これ聞いたから今年は大丈夫です」と笑顔を見せた。

 また古巣の弱点を、丸は「去年、ナゴヤドームでなかなか勝てなくて(3勝9敗)、ロースコアで重たい展開のまま、最後に1点、2点取られて負けるということが多かった」と解説。続けて、「シーズン終わった時にどれぐらいの成績だと労ってもらえるのかな?」と問うと、菅野は「2番を打ったり求められる役割は変わると思いますけど、3割30本、出塁率は4割以上」と注文していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月11日のニュース