根尾 実戦初の守備 併殺完成させる「何が何でもボールを止める気持ちで」

[ 2019年3月11日 05:30 ]

春季教育リーグ   中日9―4阪神 ( 2019年3月10日    鳴尾浜 )

2回阪神・荒木の打球を処理する中日・根尾(撮影・田中 健作)
Photo By スポニチ

 また一つ、経験値を上げた。中日のドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)が10日の教育リーグ・阪神戦に「6番・遊撃」で先発。2打数無安打で初安打はお預けとなったが、大飛球を放つなど収穫は十分。5回裏から退いたが、プロ入り後実戦初となる守備に就いた。

 2回先頭。カウント0―2からガルシアの高め139キロ直球を弾き返すと、白球は左翼後方を襲った。惜しくも左飛に倒れたが、一流投手の球をまた体感できた。4回はドリスとも対戦し左飛。「捕らえ切れていない部分がまだまだある」と課題を口にしたが、前日のメッセンジャーも含め3人の外国人投手と対戦したことで引き出しは確実に増えた。

 遊撃守備でも片りんを感じさせた。2回はイレギュラーした打球をうまく処理。雨が断続的に降り、緩んだグラウンドでも「何が何でもボールを止める気持ちで」と、遊ゴロ併殺を完成させた。

 この日、中京競馬場で行われた金鯱賞でプレゼンターを務めた元監督の落合博満氏は根尾について「最初の対戦がメッセンジャーで良かった。優秀な選手だと思う」と、その才能を改めて評価した。小笠原2軍監督も「しっかりバットも振れていた。また休み明け」と、あす12日の同・ソフトバンク戦(ナゴヤ)からも遊撃で起用することを示唆。初安打が飛び出す日も、遠くなさそうだ。

(北野 将市)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月11日のニュース