林昌勇が引退表明 ヤクルトで通算128S、カブスでもプレー

[ 2019年3月11日 18:02 ]

 ヤクルトで抑えとして活躍した韓国出身の林昌勇投手(42)が現役引退を表明したと11日、聯合ニュースが伝えた。韓国プロ野球KIAを昨季限りで退団し、所属先が決まっていなかった。

 林昌勇は2008年からヤクルトに5年間在籍し通算128セーブをマーク。13年には米大リーグ、カブスでプレーし、14年から韓国球界へ戻っていた。韓国代表として出場した09年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、日本との決勝でイチロー外野手(マリナーズ)に決勝打を浴びた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月11日のニュース