反則も関係なし 中日 ロメロ 5回1安打1失点 与田監督も評価

[ 2019年3月11日 05:30 ]

オープン戦   中日1―1ロッテ ( 2019年3月10日    ZOZOマリン )

初回2死、藤岡を三振に打ち取った中日先発のロメロは反則投球を取られ岩下球審にマウンドに戻るように促される(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 中日の新外国人・ロメロがロッテ戦に先発し、5回を1安打1失点と好投。開幕ローテーション入りを引き寄せ「全体的に良かった。落ち着いて攻めていけた」と振り返った。

 初回2死から藤岡を空振り三振に仕留めたが、セットポジションでの投球前に完全静止していないとみなされ反則投球に。それでも集中力を切らさず、藤岡を遊飛に打ち取ると、許した安打は3回の江村に浴びたソロの一発のみだった。

 前回3日のロッテ戦は走者を背負ってのクイックモーションに課題を残し、3回3失点。「1週間、投手コーチと練習してきた」と振り返ったように、3回に俊足の岡を四球で歩かせたものの冷静に後続を断った。与田監督も「(反則投球後に)うまく修正していたし、対応能力がある」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月11日のニュース