広島 12日から開幕ローテ最終テスト開戦!九里、岡田ら気合

[ 2019年3月11日 20:38 ]

 11日のマツダスタジアムでの全体練習を終えた広島は、12日から開幕ローテーション入りをかけた最終テストが幕を開ける。現在、先発入りが確定しているのは、大瀬良、ジョンソン、野村、床田の4人。残り2枠を九里、岡田、そして2軍調整中のローレンスで争う。佐々岡投手コーチは、次回登板を最後の判断材料として、先発枠を決定させる方針を明言しているだけに、先発陣は結果が求められることになる。

 12日の日本ハム戦(マツダスタジアム)に2番手として登板予定の九里は、「自分の投球をしないと課題も分からないので、何か感じ取れることがあればいい」と気負いはない。一方、同日の2軍教育リーグ阪神戦(由宇)に先発予定の岡田は、「自分の中の課題に取り組んだ中で、結果がついてくれればいい」と、好投を1軍首脳陣に届けたいところだ。

 次回も2軍での登板が予定されるローレンスの結果を待って、リーグ4連覇をかけた開幕ローテーションが決定する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月11日のニュース