イチロー2三振で打率は1割切る 14打席連続ノーヒット

[ 2019年3月11日 09:42 ]

 マリナーズのイチローは10日、ピオリアで行われたインディアンスとのオープン戦に「8番・左翼」で出場し、2打数無安打だった。内容は空振り三振、空振り三振。チームは2―16で負けた。

 イチローは2打席とも空振り三振に倒れ、打率は9分1厘で1割を切った。1打席目で昨季17勝の右腕カラスコの変化球にバットが空を切るなど、タイミングが合っていない。オープン戦は14打席連続ノーヒットになった。

 この日、チームは2試合のオープン戦が組まれた。イチローは当初、敵地でのエンゼルス戦に出場予定だったが、全体練習前に本拠地での一戦に変更された。好天の日曜日で球場はほぼ満員となり、45歳の大ベテランへの声援は大きかったが、好結果を残せなかった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月11日のニュース