大谷の復帰 指揮官変わらず慎重「早くて5月」

[ 2019年3月11日 02:30 ]

バットを手に移動する大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 大谷の打者復帰時期について、エンゼルスのブラッド・オースマス監督が「早くて5月復帰。リハビリプログラムがあるのでそれより早くなることはない。DHとしてメジャーの試合に出場するには打席数が必要」と改めて慎重な姿勢を示した。

 順調なリハビリ経過から米メディアは「4月中」の復帰を予想していた。8日に右肘手術後、初めてスローイング練習を再開した大谷は「ソフトトス(下から投げるティー打撃)」を最多の35球、「置きティー(置いた球を打つティー打撃)」を15球打ち込むなど打者のリハビリに専念した。(テンピ・柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月11日のニュース