日本ハム 金子 古巣相手に2回4安打2失点「足元がふわふわして球が手につかなかった」

[ 2019年3月11日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム5―7オリックス ( 2019年3月10日    京セラD )

古巣オリックス相手に2回2失点の金子は渋い表情でベンチに戻る(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 昨季までの本拠地で日本ハム・金子が5回から登板し、2回4安打2失点。古巣と激突する開幕2戦目の先発が内定しているが「足元がふわふわして球が手につかなかった」と苦笑い。

 志願のマウンドで快投とはいかなかったが、スタンドの大声援には「うれしかったし、ビックリした。そこから力んでしまった」と振り返った。照準はあくまで3・30。「しっかり投げられるよう準備します」と前向きだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月11日のニュース