マリンフェスタでニックネームユニ着用!ドラ1藤原「面白い企画」

[ 2019年2月13日 05:30 ]

マリンフェスタで着る藤原(左から2人目)の「ニックネームユニホーム」を指さす新人3人(左から山口、東妻、小島)
Photo By スポニチ

 ロッテは今季6試合開催する恒例の「マリンフェスタ」で背ネームが「ニックネーム」のユニホームで戦うことになった。

 国内では初の試みで、ドラフト1位・藤原(大阪桐蔭)は「KYOTA」、井口監督は「GUCCHI」、レアードは「SUSHI BOY」など遊び心がちりばめられている。ZOZOマリンをイメージしたブルーにストライプ柄。この日、石垣島から那覇へ移動した藤原は「面白い企画だと思います。僕は“きょうた”でそのままですが」と笑っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月13日のニュース