清宮 無安打も2四球に手応え「1打席ごとに感覚戻ってきた」

[ 2019年2月13日 05:30 ]

練習試合   日本ハム5―3韓国・NC ( 2019年2月12日    米アリゾナ州・スコッツデール )

<日本ハム・韓国NCダイノス練習試合>8回無死二塁、四球を選ぶ清宮(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 「5番・一塁」で先発した日本ハムの清宮は空振り三振、左邪飛で2打数無安打も2四球。「1打席ごとにだんだん感覚も戻ってきた。打ちにいってしっかり見極められれば」と手応えを口にした。

 栗山監督も「ボール球を我慢できるかが課題だから、今日は意味のある打席が多かった。去年に比べれば前に進んでいる」と評価していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月13日のニュース