楽天・平石監督 石井GMと強い絆「本当によく野球を知っている」

[ 2019年2月13日 08:30 ]

楽天・石井一久GM単独インタビュー

楽天・平石監督(右)と話す石井GM(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 現場を預かる楽天の平石監督は石井GMと強い絆で結ばれている。GMに就任するまではほとんど会話を交わしたことがなかったそうだが、オフからコミュニケーションを密にしている。「本当によく野球を知っている方。現場の意見を尊重してくださるし、選手の気持ちもよく理解してくれている」。昨季は梨田監督の辞任で、シーズン途中から代行監督を務めた。

 石井GMから監督就任を要請された際に「GM1年目の監督が僕で良いんですか?」と尋ねたところ「平石監督にやってもらいたい」という言葉が返ってきたという。「チームを強くしたいという思いはGMと全く同じ」と指揮官。現場とフロントが一体となって目標へと向かう体制が整っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月13日のニュース