ヤクルト寺原、17日中日戦で新天地初登板 今季は先発起用へ

[ 2019年2月13日 05:30 ]

ヤクルト・春季キャンプ ( 2019年2月12日 )

ヤクルトへ入団した寺原(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクを戦力外となり加入したヤクルト・寺原の新天地デビュー戦が、17日の中日戦(浦添)に決まった。先発の石川に続く2番手で登板する予定。

 昨季は登板全21試合が全て中継ぎだったが今季は先発として起用される方針。今キャンプでは初日から3日連続でブルペンに入るなど精力的に投げ込みを行っている。「2桁勝ちたい。あとは一年間ローテーションを守ること」と目標を掲げる35歳が開幕ローテーション入りへの一歩を踏む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月13日のニュース