大谷、手術後初のスイング バット持って室内ケージへ

[ 2019年2月13日 05:30 ]

キャンプ施設内を移動する大谷(右)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷がキャンプ地のウエートトレーニング室やマイナー施設でメニューをこなした後、バットを持って室内ケージへ入った。約20分間こもり、中では素振りなどを行ったとみられる。

 右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)後の経過について、1月31日にビリー・エプラーGMは、右半身に制限のないウエートトレーニングが可能になったと明かし「右半身の強度が戻れば、スイングできるようになる」と説明していた。 (テンピ)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月13日のニュース