日本ハム・中田 「右内転筋肉離れ」でゲーム復帰まで3週間、栗山監督「気になる」

[ 2019年2月13日 07:18 ]

日本ハム・中田
Photo By スポニチ

 日本ハムは12日(日本時間13日)、米アリゾナ州スコッツデールで行ってきた1軍春季キャンプを打ち上げたが、昨季138試合で4番を務め、主将2年目の中田翔内野手(29)は練習を欠席。同市内の病院で11日(同12)日の韓国NCとの練習試合の打席で痛めた右太ももの検査を受け「右内転筋肉離れ」と診断された。

 球団によると症状は重くはないものの、ゲーム復帰まで3週間を要する見通し。この日の深夜にナインとともにチェーター機で帰国する予定で、日本時間15日以降の2次キャンプは1軍の沖縄・名護ではなく、2軍の国頭でリハビリを行う可能性もある。

 順調に快方に向かえば開幕には間に合う見込みも、打線の軸であるだけに栗山監督も「(日本に)帰ってから何ができるのか、気になる」と心配そうだった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月13日のニュース