阪神 望月&才木、バレンタインデー企画に参加 甘い思い出は?

[ 2019年2月13日 11:59 ]

阪神・春季キャンプ ( 2019年2月13日 )

<阪神・宜野座キャンプ休日>バレンタインケーキを前に笑顔の望月(右)と才木(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の望月と才木がキャンプ休日の宿舎でバレンタインデー企画の写真撮影に参加した。望月は「(チョコレートは)好きですよ。練習の合間などに食べたりします」とニッコリ。高校時代はグラウンド近くに住むおばあさんが部員120人や教職員らに約150個のチョコレートを持って来てくれたという。一方で、甘い思い出を問われた右腕は「何回かもらったことはあります」とはにかんだ。

 才木は「運動で汗をかいたりした後に食べたりすることもあります。疲労回復にもいいので」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月13日のニュース