中日・石川駿がアピール弾 伊東ヘッド助言で大暴れ4打点

[ 2019年2月13日 05:30 ]

練習試合   中日8―3韓国・KIA ( 2019年2月12日    北谷 )

6回1死三塁、中越え適時二塁打を放つ石川駿 (撮影・後藤 大輝) 
Photo By スポニチ

 中日は5年目の石川駿が韓国・KIAとの練習試合で本塁打を含む2安打4打点。2回1死一、二塁から「体が反応した」と内角球を左翼席へ運ぶと、6回1死三塁では中越え適時二塁打を放った。

 伊東ヘッドコーチから前日にアドバイスをもらい、詳細は明かさなかったが「それができた」という。開幕1軍を狙いアピールを続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月13日のニュース