糸井&マルテ&ナバーロが“作戦会議” スマホ映像で打撃チェック

[ 2019年2月13日 05:30 ]

阪神・春季キャンプ ( 2019年2月12日 )

マルテ(中央)ナバーロ(右)と談笑する糸井(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 屈強な男たちによる「作戦会議」が行われた。午前中の打撃回りで同じ班だった阪神の糸井、マルテ、ナバーロの3人が宜野座ドームで打撃について語り合った。バットを持った3人による、通訳を介した談義は15分にも及んだ。その一幕を、マルテが明かした。

 「バッティングの違いというか、自分たちを助けるという意味で、お互いアドバイスをしていたよ」

 日本球界で結果を残し続ける糸井と、これから結果を残したい助っ人2人の意見交換の場。ジェスチャーを交え、スマートフォンで映像を見ながらの議論は深部まで及んだ様子だ。詳細こそ明かさなかったが「糸井さんは素晴らしい打者なので、どういうアプローチで打っているのか聞きたかったんだ」とナバーロが振り返ったように、有意義な時間をそろって過ごした。

 主軸としての活躍を期待される糸井とマルテ。そして、昨季66試合で打率・276を記録したナバーロは打線に欠かせないピースだ。日本球界で培った経験と海外野球のノウハウの交換は、3人にとっても、チームにとってもプラス材料。糸井は「(新たな学びは)あったよ」と笑顔で語るなど、実りある「作戦会議」となった。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月13日のニュース