DeNA、高卒2年目・阪口で“開幕”「勢いを付けるのが大事」

[ 2019年2月13日 05:30 ]

DeNA・春季キャンプ ( 2019年2月12日 )

練習を終え引き揚げる阪口(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAはプロ2年目の阪口が、今季初の対外試合となる13日のロッテとの練習試合(宜野湾)に先発する。「開幕投手」を務める右腕は「最初の試合なので勢いを付けるのが大事」と意気込んだ。

 北海からドラフト3位で入団し、1メートル86の長身からの角度のある直球と変化球が武器。1軍登板の経験はないが、ロッテ・安田とは昨年10月のU―23W杯やフレッシュ球宴で一緒になった。「凄さは分かっているが、負けないようにしたい」と、同い年の大砲にライバル心を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月13日のニュース