侍J 台湾、ベネズエラ、プエルトリコと同組 今秋のプレミア12グループリーグ

[ 2019年2月14日 04:35 ]

 今秋の11月2〜17日に行われるプレミア12のグループリーグ抽選会が13日(日本時間14日)、メキシコのメキシコシティーで行われ、稲葉篤紀監督(46)率いる侍ジャパンは、台湾、ベネズエラ、プエルトリコと同組のグループBに入った。グループリーグは台湾で行われる。

 メキシコで行われるグループAは、メキシコ、米国、オランダ、ドミニカ共和国が。

 韓国で行われるグループCには、韓国、キューバ、オーストラリア、カナダが入った。

 プレミア12には、世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)ランキングの世界上位12カ国・地域が参加する。日本は世界ランキング1位。開催国として出場資格を得ている日本を除き、上位最大2カ国・地域に2020年東京五輪の出場権が与えられる。

 プレミア12はWBSC主催の各国・地域トップチームの世界大会として15年に第1回大会が台湾、日本で行われた。小久保監督率いる侍ジャパンは前回大会は準決勝で韓国に敗れ、3位に終わっていた。

 グループリーグ後のスーパーラウンドは日本に舞台を移し、東京ドームとZOZOマリンで開催。各グループリーグ上位2チーム、計6チームが進出する。決勝は11月17日に東京ドームで行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月13日のニュース