初の全国舞台へ!巨人1位の八戸学院大・高橋 連投にも意欲「皆を連れて行けたら」

[ 2018年10月27日 17:57 ]

大学選手権の東北地区大会が中止になりブルペンで投げ込む八戸学大・高橋優貴(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 明治神宮大会出場の切符を懸けた東北地区大学野球代表決定戦の初戦は雨天順延となった。先発予定だった八戸学院大・高橋は28日のスライド登板に向けて室内のブルペンで調整を行った。

 初戦に勝てば翌29日が決勝戦となるが「次の日も投げるという気持ちでいる」と連投に意欲を示した。巨人のドラフト1位指名を受けたが全国の舞台を踏んだことはまだない。「最後の大会になるのでチームの皆を(全国に)連れて行けたらなと思う」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月27日のニュース